So-net無料ブログ作成
検索選択

「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見−最高裁(時事通信)

 東京高裁長官から最高裁判事に15日付で就任した白木勇氏(64)が同日、最高裁で記者会見し、「気負わず、気力、体力を振り絞って職責を全うしたい」と抱負を語った。
 白木氏は昨年12月、任期を2年以上残して死去した涌井紀夫判事の後任。本来であれば、来月に定年を迎えていたはずだった。判事就任を「大変急なことで、まだ実感がわかない。緊張しています」と語った。
 これまでの裁判官生活では、刑事事件を中心に担当してきた。裁判員制度については、「順調に船出したが、裁判員裁判の真価が問われるのはこれからだと思っている」と述べた。
 趣味は読書。若いころは地裁の軟式野球部でピッチャーをしていたが、現在は健康維持のためにゴルフをたしなんでいるという。 

【関連ニュース
【特集】裁判員制度
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」
取り調べDVD、初の証拠採用=裁判員裁判で名古屋地裁

陸山会、石川氏事務所、鹿島…特捜部係官が次々と 土地疑惑で捜索(産経新聞)
「辞任の声出ないの不思議」麻生前首相が民主批判(読売新聞)
<阪神大震災>09年の孤独死62人(毎日新聞)
虚偽の出会い系サイト運営=詐欺容疑で11人逮捕・警視庁(時事通信)
「真価問われる」民主・輿石氏が結束呼びかけ(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。