So-net無料ブログ作成

愛知5人殺傷 強い怒り、メッタ刺し 1人に17カ所も(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、殺害された岩瀬一美さん(58)と孫の金丸友美ちゃん(1)の遺体にはそれぞれ3〜4カ所の傷があり、負傷した他の家族3人にも最多で17カ所に及ぶ傷があることが17日、県警豊川署の調べで分かった。同署は岩瀬さんに対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕した長男の高之容疑者(30)が家族全員に強い殺意を持ち、包丁で何度も切りつけたとみて、詳しい動機を追及する。【山口知】

 同署によると、岩瀬さんは顔や首など4カ所、友美ちゃんは額や左腕など3カ所に切り傷や刺し傷があった。発見時、岩瀬さんは心肺停止状態で、友美ちゃんは死亡していた。今後、司法解剖して死因の特定を進める。

 さらに▽妻正子さん(58)=1カ月の重傷=は顔や太ももなど10カ所▽三男文彦さん(22)の内縁の妻、金丸有香さん(27)=同=は首や手など17カ所▽文彦さん=2週間の軽傷=も顔や首など10カ所−−の傷があった。正子さんは顔に殴られた跡もあった。いずれも命に別条はない。高之容疑者は現行犯逮捕された際、服に多量の返り血を浴びていた。

 高之容疑者は逮捕直後に「インターネットの接続を父に解約されて腹が立った」と供述する一方、岩瀬さんだけでなく他の4人も執拗(しつよう)に襲って自宅に火を放つなど、家族全員への殺意をうかがわせる行動を取っている。13日には「兄が父の身分証で銀行口座を開設しようとしている」、15日には「次男とけんかしている」と家族が110番しており、同署は普段からの家族関係を調べるなどして動機の解明を急ぐ。

交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理(産経新聞)
<地震>和歌山市などで震度2(毎日新聞)
<茨城空港>スカイマーク節減案、国交省の許可下りず(毎日新聞)
3万6000円のマラドーナのトレカ盗み逮捕 栃木(産経新聞)
倉庫から米3660キロ盗む=容疑の無職男を逮捕−岡山県警(時事通信)

<普天間問題>鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、移設候補地の鹿児島県・徳之島の3町長が官房長官との会談を拒否したことについて、「今は大変厳しい天気かもしれないが、必ず5月末までに五月晴れにしないといけない。そのために全力をあげて今頑張っている最中だ」と述べ、改めて5月末決着を目指す考えを強調した。首相公邸前で記者団に語った。

 首相は「沖縄県民の今日までの大変大きな負担をどうやって和らげることができるか、私も一生懸命考えているので、(国民にも)ご指導願いたい」と県外移設を目指す姿勢も改めて示した。【山田夢留】

【関連ニュース】
普天間移設:徳之島住民「命がけで反対する」
普天間移設:徳之島に政府打診 3町長は会談拒否
普天間:政府が徳之島に移設先初打診 3町長は面会拒否
普天間:徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相
普天間移設:徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否

介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機(医療介護CBニュース)
開成山野球場リニューアルオープン=福島県郡山市〔地域〕(時事通信)
転落 2階の手すり崩落、生徒2人けが…茨城の高校(毎日新聞)
幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは(産経新聞)
<死体遺棄>竹林から男性の白骨 川崎(毎日新聞)

<外国人刺殺>フィリピン人の逮捕状請求へ 三重県警(毎日新聞)

 三重県鈴鹿市道伯4の短期賃貸型マンションで外国人の男性が刺殺された事件で、県警鈴鹿署は19日、男性が訪れていた部屋の住人の50代のフィリピン人の男が関与した疑いが強まったとして、殺人容疑で逮捕状を請求する方針を固めた。捜査幹部が明らかにした。

 容疑は18日午後7時40分ごろ、マンション3階の通路で男性の左脇腹や左胸などを刃物で刺し、殺害したとしている。男は事件後、逃走したが、同署員が付近で身柄を確保し事情を聴いていた。

 死亡した男性は40〜50歳。同署は19日、遺体を司法解剖し、詳しい死因を調べるとともに、身元の確認などを急いでいる。

 捜査関係者や付近の住民によると、亡くなった男性はマンションの住民ではなく、男とは顔見知りだったという。男の部屋では18日午前10時ごろから、外国人数人が集まり、飲酒するなどして騒いでいたという。午後7時半過ぎ、争うような声が聞こえ、付近の住民が3階通路に出てみると、男性が倒れていた。

 男はこの部屋で外国人の女性と2人で暮らしていたという。【大野友嘉子、谷口拓未】

渡り廊下走り隊、1000人限定握手会で新メンバーお披露目
山崎さんが琴を演奏 宇宙で初の和楽器合奏(産経新聞)
<ISS>宇宙で避難騒ぎ 煙感知器誤作動(毎日新聞)
<春の高山祭>小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
<空自談合>国交省が指名停止処分(毎日新聞)

皇室 悠仁さま、お茶の水女子大付属幼稚園に入園(毎日新聞)

 秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さま(3)が9日、東京都文京区のお茶の水女子大付属幼稚園(中村俊直園長)に入学した。

 悠仁さまは、秋篠宮ご夫妻とともに午前9時前、幼稚園に到着した。紺のブレザーに赤いネクタイ姿。右手には紺の手提げカバン。紀子さまと手をつなぎ、玄関前で出迎えた宮里暁美副園長に「おはようございます」とあいさつした。宮里副園長が「ご入園おめでとうございます」と話すと「ありがとうございます」と答え、午前10時前に遊戯室で開かれた式に出席した。

 同幼稚園によると、新入園児は3歳児41人、4歳児29人。式では「秋篠宮悠仁さん」と名前を呼ばれたという。

鳩山首相、宇宙滞在の山崎さんに期待感(産経新聞)
<坂井市長選>坂本氏が無投票で再選 福井(毎日新聞)
船体に赤い塗料…シー・シェパードの妨害受けた調査捕鯨船団母船が帰国(産経新聞)
<生活保護>受給者の自殺率、一般の2倍超(毎日新聞)
平沼新党「敬老会みたい」=東国原知事(時事通信)

<殺人>アパートで68歳男性死亡 青森・十和田(毎日新聞)

 5日午前5時半ごろ、青森県十和田市東二十二番町にあるアパートの一室で、住人の無職、佐藤克久さん(68)が死亡しているのを、近くに住む家族が発見した。県警十和田署は遺体の状況などから殺された可能性が高いとみて、殺人容疑で捜査を始めた。

 近所に住む男性らによると、佐藤さんは1人暮らしで、4日に入居したばかりだったという。現場は市役所の東約3キロで、アパートや水田が点在している。【鈴木久美】

<民主党>特別会計の検証開始 5月に提言へ(毎日新聞)
有識者委員ら文書欠落を批判 日米密約で参考人質疑(産経新聞)
霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
直接支払制度の抜本的改革求める−日産婦学会と産婦人科医会(医療介護CBニュース)
大阪市議側は慎重姿勢…橋下知事「政治家失格だ」(産経新聞)

<知的障害者>和太鼓集団が全国公演に意欲 でも資金不足(毎日新聞)

 全国でも珍しい知的障害者の和太鼓プロ集団「瑞宝太鼓」(長崎県雲仙市)が、結成10年を迎えた。約6年前から少年院などでの慰問公演を続け、更生を誓う感想が多く寄せられている。メンバーは「もっとみんなの前でたたきたい」と意欲を燃やしているが、ボランティア公演を本格化させるには資金が必要だ。引きこもりや虐待などに悩む子供たちに向けての公演も開きたいと、各地の公演で募金を呼び掛けている。

 瑞宝太鼓は87年、社会福祉法人「南高愛隣会」(同市)の職業訓練施設を利用する知的障害者のクラブ活動として始まり、01年にプロ活動に転向。現メンバーは20〜35歳の男性6人で、公演活動などによる収入で月給をもらい、グループホームなどで暮らしている。

 全国公演はこれまで1000回近くに上る。総観客動員数は約34万人。少年院や刑務所などの矯正施設への慰問は03年12月から約6年間で55カ所に上り、メンバーの元には多くの感想が届いた。

 「心の歌を聴き、自分自身の心の弱さを恥じた」。17歳の少年は感想にそう記した。さらに「自分の存在を認めてほしいと思い、人と群れ、心を見失い、非行をした」と振り返り「僕は僕らしく、前を向いて胸を張って本気で生きていきたい」と更生を誓っている。同じクラスの障害児をいじめた経験を告白した19歳の少年は「心の中の汚い部分を太鼓の音が飛ばしてくれた」とつづった。

 これまでは一般公演先の最寄りの少年院を訪れていた。だが、慰問先が限られているため、評判を聞いた少年院からの依頼を断ることもあったという。そのため、一般公演先で慰問公演のための募金を始めた。

 2月22日、東京都世田谷区の北沢タウンホールであった東京公演。長年、瑞宝太鼓を支援する都内のNPO法人「生きる意味研究所」の主催で、メンバーの豊かな表情と一糸乱れぬバチさばきに、満席の会場は大きな拍手で包まれた。

 公演後、会場出口では団長の岩本友広さん(33)らが募金を呼び掛けた。「僕らは字を書くことや計算が得意ではないけれど、太鼓が大好き。そんな姿を見てほしい」と岩本さんは話した。

 公演予定や募金などの問い合わせは、瑞宝太鼓事務局(電話0957・77・3934)。【松本光央】

【関連ニュース】
重度障害者:脳波で意思表示 産総研が開発
障害者雇用:法定雇用率を大幅に下回った7社を公表
坂田賞:毎日新聞の点字報道に
点字ブロック:発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ

郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏(時事通信)
【ワイドショー通信簿】子ども手当てと米百俵精神 小泉ジュニア、保育所に乗り込む
<和歌山強盗殺人>牧野被告の無期懲役確定へ 上告棄却で(毎日新聞)
<ユキヤナギ>お堀沿い真っ白に 名古屋(毎日新聞)
首相の指導力強調=郵政改革案決着で−亀井担当相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。